cocoのうち

観劇にまつわるあれこれ。更新少なくてすみません。
<< つらつらと考えたこと * TOP * ホント面白くなってきましたね♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
泣けるものは泣けるんじゃい
不機嫌なジーンもついに残すところあと1ヶ月となりましたのね。
なんだか寂しいのは私だけではないはず・・・!
最後まで内野ファン祭(違)を満喫しましょうね

私、大変涙腺が緩いのでアレですが、
6話と7話はボロ泣きでしたのよ。
だって結子ちゃんの別れの芝居がいいんだも〜ん。
黄川田君は喜怒哀楽がハッキリした芝居の方がいいですね。
お姉さん6話でその成長ぶり
(もしくは力の発揮ぶり)に涙しそうになったよ・・・。

7話といえば、サーブの巧さもさることながら、白のトレンチコート!
そうきたか〜と思いました。歩くシーンの撮り方エースっぽかった
ですよね(笑)

仁子と教授の緩やかな関係は結構リアルですよね。
別れて、他の人と付き合って、彼(彼女)の良さを再確認する。
そこから復活することってよくある話だったり。
気持ちの上での本気の恋愛って人生でそう何度も経験できるものじゃ
ないと思うんですよね。
仁子と教授の縁というか絆というか、そういったものを
大森さんは描きたいんだろうなーと思いました。
* by coco * 03:37 * うちの * comments(2) * trackbacks(1) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 03:37 * - * - * - *
そうそう、黄川田君上手くなってたね〜?
もっと早くああ云った演技を見せてくれればなあ〜。

7話のテニスシーンは「エース…」OPのイントロが
頭の中に鳴り響いてた…。ううっ、コーチ!

仁子との別れのキス。
こめかみへのキスが唇へのそれより色っぽいと思えたわ〜。
* kei * 2005/03/05 12:38 AM *

keiさん

コメント削除いたしました。
しばらく放置気味で申し訳ありません・・・
* coco * 2005/03/10 12:49 AM *










http://cocoblog.jugem.cc/trackback/84
不機嫌なジーンはご機嫌だあ
私の中で「不機嫌なジーン」がじわじわ良くなってきた。 フジテレビの月9は、トレンデイドラマの最高峰の枠である。 次はどのようなテーマで誰が演じるのか注目されるドラマは、NHKの大河ドラマと月9だけであろう。 当初は、竹内結子、内野聖陽という比較的な地
* V35スカイラインクーペが欲しい! * 2005/03/07 11:53 PM *
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *
無料カウンター ご縁カウンタFree!