cocoのうち

観劇にまつわるあれこれ。更新少なくてすみません。
<< 生きてます、そして踊ってます(^^; * TOP * ベガーズオペラ 3月5日(水)初日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
シルヴィギエム 進化する伝説の感想♪
久しぶりに舞台感想なぞ。

東京文化会館でのシルヴィギエム出演の公演を観ました。
Aプログラム 
白鳥の湖は技術的な安定感は言わずもがな。
シルエットの美しさは気持ちの良いほどの柔軟性のなせる技。
完璧なポーズでの静止っぷりは強靭でしなやかな筋肉があってこそ。
それでいて、ラスト近くの表情にぐっっときましたねぇ。
ギエムらしい気高い白鳥でしたー。
背中から腕にかけての筋肉はすごかったです。
思わずオペラグラスで凝視(苦笑)
扇状に広がっていて、まるで筋肉の見本みたいでした。

イリ・キリアンの振り付けはすごーく好きなんですよね。
なんていうか数学的な美しさ。明晰な感じ。
「優しい嘘」は小品なので上演時間は短いのですが堪能しました。
うー踊ってみたい(技術不足で無理ですが)

東京バレエ団の「ステッピングストーンズ」もキリアン作品で
面白かったですね。東京バレエ団の男性ダンサーはやっぱり
コンテンポラリー向きというか、そちら側が得意そうな人が多いかも。
若手の女性ダンサーの動きも良かったです
体型に恵まれててウラヤマシ。

作品の振付家ラッセルマリファントと踊ったPUSH
素晴らしかった!!!!!
マリファントの体の使い方って全然違います。
クラシックバレエの男性側のサポート的な面とも
コンテンポラリーの技術のぶつかり合いみたいな面とも。
ギエムの動きにぴったり寄り添うことに徹底していて
そこに強弱を全く感じさせない。
すげーーーーー。
ギエムが踊らないというマリファントを口説き落とした理由が
よーーーく分かりました。
マリファントのカラダが語るPUSHはやっぱスペシャルです。
能動的な受動。自己顕示してないのに目がどーしてもそこに行く。
ええもん見たなぁ
* by coco * 00:56 * 舞台 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 00:56 * - * - * - *









http://cocoblog.jugem.cc/trackback/179
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *
無料カウンター ご縁カウンタFree!