cocoのうち

観劇にまつわるあれこれ。更新少なくてすみません。
<< 友の会がハズレたついでに更新(^^; * TOP * 久しぶりに宝塚ネタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
Noismのインタビューと雑感
バレエ用品の老舗、チャコットのウェブマガジンを見てましたら
Noismのモスクワツアー直前のインタビューが載ってました

http://www.chacott-jp.com/magazine/topics/55_1.html

Noismは初演のSHIKAKUから見ていることもあり、感慨深い内容でした。
あの頃はそんなに大変だったのか〜なるほどなるほど。みたいな(^^;
金森さんの苦労とメンバーの苦労。新潟という環境。
新しい事をスタートし、またそれを軌道にのせる事がいかに大変か。
ファンとして公式の情報を見たり聞いたりしているだけでも
いろんなドラマがあっただろうなーと想像はできます。

インタビューの中で印象的だったのは、Triple Billの近藤良平さんについて。
確かパンフレットの中の近藤さんのコメントを読んだときも
Noismメンバーに対する優しさを感じました。
金森「ただ私の個人的な意見としては、Noismを使って近藤良平というクリエーターが新たに変化したとこをみたいな、という意図がありました」(転載)
の部分には唸りましたね。
訓練された肉体を持つダンサー達を使って作品を作るというのは
ダンスの素人さんが多い「コンドルズ」とは全く逆のベクトルなわけで
そこが楽しみで見に来た人も多かったと思うのですよ。
でも、金森さんの意図はさらに先にあったと。
プロデューサー的視点の奥深さ・・・恐れ入りました。

で、先日観たコンドルズの公演、それとNODAMAPの近藤さん
どちらも金森氏の影響の一端は伺えました。
振り付けを真似てるとかそーいう次元じゃなくて。
近藤さんテイストの中にほのかにNoismの身体次元が見え隠れする
みたいな感じです。
人と人、身体と身体の関係性、プラス重力との関係性とか。
どちらも見ている人は時に、ふわっと喚起されるものがあったと思います。

あと、公演は残念ながら観れなかったのですが、服部有吉さんが出演していた
トップランナーでちょこっと踊っていた辻本君を見たときも
Noismで培ったものがすごく出ていてちょっと嬉しかったですね。
もちろん、卒業されたことは残念ですが、
こうして、それぞれが影響を与えあって、広がっていくんだなーと思った次第です。

書き出すと長くなるのよね・・・
観劇ネタも書きたかったけど、本日はこれにて。
* by coco * 01:46 * 雑記 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 01:46 * - * - * - *









http://cocoblog.jugem.cc/trackback/176
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *
無料カウンター ご縁カウンタFree!